小型トラックドライバーのメリットは?向いている人の特徴も解説


小型トラックドライバーとして働くメリット

トラックドライバーになるためには特別な免許が必要、という認識を持つ方も多いのではないでしょうか。実際は普通免許を所持している方であれば、小型トラックの運転が認められています。ただし、免許を取得した時期によって運転できる車両の総重量や最大積載量は異なるため、注意が必要です。未経験の方でも挑戦しやすいことは、小型トラックドライバーの求人を選ぶメリットになると言えるでしょう。まずは小型トラックの運転からはじめて、徐々にドライバーとしてのスキルアップを目指すという方法もあります。

小型トラックを用いた荷物の運搬は、運送業界における大手企業の大半が導入しています。需要が高いことも、小型トラックドライバーのメリットの1つです。

小型トラックドライバーに向いているタイプ

小型トラックドライバーに向いている人が持つ特徴として1番に挙げられるのは、自己管理能力です。ドライバーは、指定された場所へ時間通りに荷物を届けることが求められます。ガソリンの残量や交通渋滞への配慮はもちろん、安全運転のためにはドライバー自身の体調管理も欠かせません。無理をするとトラブル発生の原因になってしまうので、ゆとりを持って計画を立て、実行する必要があります。また、接客スキルを持つ人にも、小型トラックドライバーの仕事は向いています。

基本的には1人で過ごす時間が長いものの、顧客などとコミュニケーションをとる機会もあるでしょう。元気で爽やかな挨拶ができると、顧客からの印象アップにもつながります。

ドライバーの求人には、タクシードライバーやトラックドライバーなど幅広い職種の求人があり、職種によって必要な運転免許が異なります。

パチンコ